遺産を法定相続分以外で分割する方法

法定相続分ではない相続分で遺産を取得する方法には下記のようなものがあります。

 

 

遺言

亡くなられる方が、自分の意志で自分の財産を誰に取得させるかを決める方法です。遺言は要式行為といって遺言の方法が法律で定められていますので、注意を要します。遺言書は亡くなられた方の意思なので一番優先されますが、遺言書にも遺留分という限界があります。

詳しくは遺言書のページへ

 

 

遺産分割協議

被相続人が亡くなられた後に、相続人の間で話し合って相続分を決める方法です。民法上、期限などは決められていませんが、相続税の申告までに遺産分割協議を行っていない場合は、未分割での申告をしないといけなくなりますのでご注意ください。未分割での申告だと、相続税の減税措置等が取れなくなるおそれがあります。相続税の申告期限は被相続人が亡くなった日の翌日から10か月以内です。

 

 

相続放棄

相続人が相続を放棄することで、放棄しなかった相続人の相続分を増やす方法です。相続放棄は、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に放棄の申述をすることが必要です。相続放棄の申述は、亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。

詳しくは相続放棄のページへ

 

 

相続分の譲渡

遺産分割協議に協力してくれない相続人がいるときに、特定の相続人に財産を取得させたいときに有効な手段です。相続放棄をしてしまうと、放棄した相続人以外のすべての相続人の相続分が増加してしまいますが、相続分の譲渡は、相続分を増加させたい相続人に自分の相続分をすべて譲渡することができます。

 

 

▲このページのトップに戻る