生前贈与をするにはどうすればいいの?

生前贈与は、贈与を行う目的をはっきりさせてから行いましょう。贈与は、年間110万円以下であれば贈与税がかかりませんので、10年、20年と続けていけば、相当な額を移動させることができます。ただ、多額の財産をお持ちの方は、110万円ずつの贈与では財産を移動させきるのは難しいので、多少の税金がかかることは覚悟してでも、思い切った贈与が必要になってくると思います。また、生前贈与をするのであれば、お子さんに贈与するよりも、お孫さんに贈与された方が、一回分相続を短縮させることになりますので、節税の効果が高いです。

現預金を贈与する場合は、贈与があったことを税務署に対して立証できるようにしておくことが重要です。税務調査の際に、毎年の贈与を税務署に認めてもらうには、証拠が必要です。この証拠となる預金通帳などを全て贈与者が持っていたりすると、贈与の事実が認められない恐れがあります。そこで、具体的な対策として、毎年贈与するたびに贈与契約書を作っておきましょう。それを通帳などと一緒に保管してお毛羽いいのです。また、わざと110万円を超える贈与をして、毎年贈与税を支払っておくという方法も有効だと思います。たとえば、毎年120万円の贈与をして毎年1万円の贈与税を支払っていれば、税務署が120万円の毎年の贈与を認めていることになるので、後々の税務調査を恐れる必要はありません。

不動産を贈与するときは、将来価格が上昇しそうな財産や、収益性が高い財産を贈与するようにすれば、相続対策になります。特に、収益性が高い財産は、相続財産を減らし、相続人が収益を得ることで納税資金を確保することになりますので、効果的です。

▲このページのトップに戻る