一時払い終身保険の見直し

 

お疲れ様です。

 

前回、マイナス金利の悪影響はそんなになさそうと書きましたが、

今日、日経で、運用が難しいため一時払い終身保険の取りやめを

発表した保険会社があると出ていました。

 

相続の仕事をしていると、

生命保険をうまく活用することで、相続税が安くなることがありますので、

私もお客様に、一時払い終身保険をお勧めすることが結構あります。

 

例えばですが、85歳のおばあちゃんがいて、

預金は500万円あるけど、保険は全部解約しちゃっている。

生活は年金で十分まかなえているから、

500万円の預金はそのまま残りそう。

遺産の総額から見ると、相続税は掛かってしまいそう。

 

なんていうケースでは、子供が預金で500万相続すると、相続税がかかりますが、

生命保険で500万円相続すると相続税がかからないという現象が起こります。

 

つまり、預金を生命保険に振替えるだけで、

非課税で相続できる財産が増えるんです。

 

でも、85歳のおばあちゃんだと加入できる保険が限られている。

 

加入できる唯一の保険が、一時払い終身保険。

 

なんて言うことが、多々あります。

 

となると、この最後の砦的な、一時払い終身保険がなくなると

非常に、非常に、非常に困ります。

 

保険会社さん、頑張ってください!

お願いします。

 

また、今のような生命保険の加入を検討している皆様、

要注意です!

 

28.2.18

トップページへ

 

▲このページのトップに戻る