成年後見のこと

 

おはようございます。

今日は3月11日ですね。

私は震災のあった年に事務所を始めました。

なので、事務所開設○年=震災から○年になります。

 

そんなこともあり、事務所を始めてどれくらい経つんですか?と

お客様に聞かれるたびに、震災のことを思いだします。

 

ただ、やっぱり時間がたつと、色々と忘れてしまいます。

 

震災直後は、節電で冷房もあまり使用しないように気を付けていたりしたのに

今はそんなこともすっかり忘れ、電気をたくさん使い、そんなことがつみ重なったことが原因なのか、

原発再稼働なっていう話になっております。

 

原発反対!って声高に叫べるほど、物事がよく分かっておりませんが、

親戚が福島在住なこともありまして、原発には少なからず不安を抱いております。

 

もっと日ごろからこういったことを意識できるようにしていきたいと思います。

天気にもよりますが、とりあえず3・11ウォークなるものに参加してみるつもりです。

 

 

さて、本題に入りますが、今日は成年後見の話です。

最近、成年後見人に就任した案件があって、今就任手続きの最中です。

 

成年後見人に就任すると、ご家族に報告するのは当然ですが、

それとは別に、役所・銀行・保険会社・郵便局・病院などに届け出をすることになります。

被後見人が生活に必要な手続きなどを、私が行うことになりますので、

書類はこっちに送ってくださいなんていうお願いをしておく必要があるからです。

 

で、その手続きをしながら裁判所に就任報告をしたり、

病院の費用の支払をしに行ったりという日常生活に必要なことを行います。

最近だと、マイナンバーを受け取りにいったりなんていう作業も追加されましたね💦

 

まぁなんていうか、手続き自体はむずかしものじゃないんですが、

とにかく作業量が多くて時間がかかります。

あとは、役所も銀行も、後見というものになれていない担当者が多いので、

こっちが色々説明してあげないと、話が前に進まない。。

 

お仕事をされているご親族が成年後見人に就任するケースも良くありますが、

みなさん、ご自身の生活もある中で、よく後見業務を行っているなと感心します。

 

近頃ご相談いただくことが多いのが、

「親が認知症で銀行からお金を出せなくて困ったから

とりあえず成年後見人を付けてほしい。」というもの。

 

でも、成年後見人をつけるっていうことは、

それなりに大変なこともあるから、しっかりと検討してみてほしいです。

何が大変かわからなければ、ご相談にのります。

 

とりあえず成年後見人を付けたいから裁判所に申し立てをしちゃった💦

なんて言うことがないように、

後見人になったら何をやらなきゃいけないのかとか、

後見人になったら簡単にやめられないとか、

事前に色々確認してみてくださいね。

 

今日はこの辺で。

良い一日をお過ごしください(^ヮ^)

 

28.3.11

トップページへ

 

▲このページのトップに戻る