JETRO東京開業ワンストップセンターの相談員に就任しました

 

こんにちは。

 

昨日はとっても寒くて、コートを着て出かけなかった自分を恨みましたが(笑)

今日は暖かくていい陽気ですね。

 

さて、今年度から、わたくし、

JETRO東京開業ワンストップセンターなるものの相談員に就任しました。

 

東京開業ワンストップセンターとは、

外資系企業やベンチャー企業等の開業手続きを一元化するという

日本で初めての取り組みだそうです。

 

で、行政手続きに精通する専門家による Face to Face の対応により

定款認証・登記・税務・年金・社会保険・入国管理等の手続きにスピーディー対応し、

さらに多言語による通訳や翻訳のサービスもついています。

 

要は、外国企業の日本進出の手続きをトータルサポートしますよっていう機関ですね。

景気刺激策の一環なのでしょうか。行政のやる気を感じます。

 

法務・税務・登記のワンストップ相談みたいなのを

弁護士さん、税理士さんと一緒にやることは結構多いんですが、

入管や都税、公証人まで一度に同じ場所で相談に乗ってくれるところは

相当珍しいと思います。

さらに通訳さんまでいますからね。

 

私は今日、初めての担当日だったのですが、

早速、外国の方が発起人で役員になる法人設立についての

相談をお受けしました。

 

外国の方が法人を設立する場合、

印鑑証明書がありませんので、それに代わるサイン証明を取っていただいたり、

まずはビザを取って、日本の銀行に口座を開設してもらったりと、

日本人が会社を設立するより手続きのハードルが高いです。

 

というか、せっかく法人を設立できたのに、

ビザの取得がうまくいかなくて、法人を作った意味がなかった…

なんていう話も結構聞きます。

 

私の事務所でも、外国人の方からのご依頼をお受けする機会も増えてまいりまして

今までのノウハウが少しでも皆様のお役に立てたらと思っています。

 

外国企業の手続き法務でお悩みのことがございましたら

ぜひJETRO東京開業ワンストップセンターも利用してみてください。

 

もちろん私に直接お電話いただいても構いませんよ(笑)

 

では、お疲れ様でした(^ヮ^)

 

28.4.6

トップページへ

 

▲このページのトップに戻る