銀行預金の相続手続き

 

こんにちは。

 

突然暑くなりましたねー。

これから夜まで外出なのですが、上着を持っていこうか

どうしようかと、悩みまくっております(笑)

 

さて、最近相続手続きで、お客様の代わりに銀行に行って

手続きを行うことが続いております。

 

亡くなられた方の預金を払い戻すだけなので、

ご家族ご自身が行かれても当然できるわけなのですが、

出さなければ書類が多いのと、銀行に行かなきゃいけない回数も多いのと、

さらに銀行でかなり待たされてしまうのと、といった理由から、

高齢の方や、お仕事をされている方が自分で行うにはちょっとハードルが高く、

その結果、ご依頼いただく。

ということが多いと思います。

 

先日も、相続手続きの書類を出しに行ったご相続人から、

「一つの金融機関で2時間半も待ったあげく、的を得ない回答をされてガッカリし、

聞きたいことも聞けずに帰ってきてしまった。」という話を聞きました。

 

2時間半も待たされるケースは多くないとは思いますが、

銀行の窓口の担当者が、相続手続きに詳しいかというとそうでもなくて、

イレギュラーな手続きをマニュアルを見ながら対処する銀行員と

相続手続きなんて初めて行うご家族が、

ああでもないこうでもないってやりながら手続きを進めるわけなので、

当然時間はかかるし、しっかりした回答も得られないのは当然かもしれません。

 

銀行の相続手続きは、相続センターというところで一括して請け負っていることが多く、

支店の窓口では取次だけを行っているので、こういった風になってしまうんですよね。

 

どこの支店にも相続手続きをわかっている人を配置するというのは

無理がありますので、仕方がないことだと思いますけど。

 

まぁ、意外と大変なことが多いので、

イライラしたくない、とか、時間をかけたくない、

なんていう方は、お気軽にお声がけください。

 

いつでもご相談にのりますよー。

 

ではでは、良い一日をお過ごしください(^ヮ^)

 

28.4.26

トップページへ

 

▲このページのトップに戻る