公正証書遺言とは…?

公正証書遺言は公正証書で作成される遺言です。公証人が関与して作成することから効力が問題になることが少なく、また、原本が公証役場で保存されるので、偽造・変造、盗難、紛失のおそれもありません。さらに、家庭裁判所の検認も不要ですので、相続人の方の負担が減らせます。

その反面、遺言の内容が証人に知られてしまいますので、証人から利害関係人に遺言の内容が漏れる可能性があります。つまり、遺言の内容を秘密にすることは難しいでしょう。このようなデメリットがありますが、公正証書遺言にはデメリットを補って余りあるメリットがありますので、現在では一番利用される方法です。

公正証書遺言作成までの流れ

STEP1

公証人に必要書類の確認をする

公証役場や遺言の内容によって必要書類は変わってきますが、だいたい以下のような書類が必要になってきます。

 

遺言者本人の印鑑証明書

 

遺言者と相続人の続柄がわかる戸籍

 

財産を相続人以外の人に譲る場合はその方の住民票

 

不動産の登記事項証明書と固定資産評価証明書

 

 

STEP2

必要書類の取得

戸籍謄本、住民票の写し、印鑑証明書などの必要書類を用意します。

 

 

STEP3

公証人と内容の打ち合わせ

事前に公証人とやり取りして、遺言書の内容を詰めていきます。

 

 

STEP4

証人手配

作成時に証人が2人必要です。未成年者、推定相続人とその配偶者および直系血族、受遺者とその配偶者および直系血族、公証人の配偶者等は証人にはなれませんので注意が必要です。

 

 

STEP5

公証人の面前で遺言書を作成

証人2人の立会いの下、以下のような流れで作成していきます。

 

遺言者が遺言の内容を口述

       

公証人が遺言者の口述を筆記し、遺言者と証人に見せる

       

筆記が正確なことを確認し、遺言者と証人が署名押印する

       

公証人が方式に従った旨を付記し署名押印する

当事務所にご依頼いただくメリット

公正証書遺言はご自分で公証役場に行って作成することもできます。

そこで、当事務所にご依頼いただいた場合のメリットをご紹介いたします。

 

お客様に最良な内容のご提案

 

相続人の間で問題が起こりにくいような財産の配分、ご家族へのメッセージである付言事項についてのアドバイスなど、遺された方の立場に立ったご提案をさせていただいております。

 

当日公証役場にお越しいただくのみ

 

お客様が簡単に取得できる印鑑証明書や住民票以外の必要書類はこちらで取得いたします。また、公証人との打ち合わせも当事務所がやらせていただきます。お客様にやっていただくことは、遺言書作成日に公証役場にお越しいただくことの他はほとんどありません。

 

証人の確保

 

司法書士小松勇太と事務所スタッフが証人になりますので、お客様が証人を探す必要はありません。

▲このページのトップに戻る