銀行預金の相続

 日本で生活していて、銀行口座を持っていない方はいないと思います。働き始めて給料を受け取るために銀行口座を開設し、電気・水道などの光熱費の支払、税金や年金の納付といった様々なことに銀行口座を利用しています。

 そして、自分が亡くなる前に銀行口座を解約することはないでしょう。

 つまり、亡くなられる方のほとんどは、銀行口座を持っており、その銀行口座は、名義人が死亡することで使用できなくなってしまいます(いわゆる「凍結」です)。

 この銀行口座に残っているお金を使うためには、銀行で相続手続きを行い、解約・払戻し、または、銀行口座の名義を変更する必要があります。

手続きの手順

銀行口座の相続手続きの手順をご説明いたします。

 

銀行に行き、死亡届の提出及び相続届等の書類の受領

銀行に行って口座名義人が死亡したことを伝えます。ここで銀行口座が凍結されます。

 

 

相続関係の調査

(ア)  死亡した方の相続人が誰なのかを戸籍謄本・除籍・改製原戸籍を読んで調査します。

(イ)  具体的には以下の戸籍が必要です。

   死亡した方の出生から死亡までの連続戸籍

   相続人の戸籍謄本

 

 

銀行預金の調査

亡くなられた方が、どこの銀行にいくら預金が残っていたかを調査します。

 

 

遺産分割協議

上記1,2の調査結果をもとに、相続人全員で誰がいくら相続するのかを話し合い、その結果を遺産分割協議書にまとめます。

 

 

銀行で相続手続き

上記1〜3でそろえた書類を銀行に提出し、相続手続きを行います。

具体的には下記の書類を銀行に提出することになります。

 死亡した方の戸籍謄本・除籍・改製原戸籍等

 相続人全員の戸籍謄本

 相続人全員の印鑑証明書

 死亡した方の通帳・キャッシュカード

 遺産分割協議書

 銀行指定の相続届等

 

 

預金残高の払戻し(完了)

銀行が書類を調査して、不備がなければ相続手続きが終了し、預金残高の払戻しが行われます。

 

 

 

ご依頼いただくメリット

銀行預金の相続手続きも当事務所にご依頼いただけます。

当事務所にご依頼いただくメリットは・・・

 

 何度も銀行に行かなくていい!

 

 銀行口座の相続手続きを行うには、最低2回、銀行の窓口にいっていただく必要があります。

1回目は、口座名義人が死亡したことを伝えて、銀行所定の書類をもらうとき。

2回は、戸籍や遺産分割協議書等、集めた書類を提出しに行くときです。

 ただし、不足書類があったり、下記間違いがあるとそのたびに連絡があり、銀行の窓口に行くことになります。なぜなら、銀行の支店の窓口には、相続手続きの専門家はおりませんので、支店担当者は、お客様から書類を預かると、本社の相続センターに書類を郵送し、相続センターが書類のチェックをします。つまり、支店窓口で書類のチェックをしてもらえませんので、内容の不備等については、後日の連絡になってしまうのです。ただし、支店の窓口でも、戸籍があるか?印鑑証明書はあるか?などの、大まかな確認はしてくれます。そのため、支店の窓口に行くと、書類の大まかな確認のため、30分から1時間程度またされることになります。

 当事務所にご依頼いただく場合は、銀行の窓口に行くことや相続センターとの折衝はすべてこちらで行いますので、お客様ご自身でやっていただくことはありません。

 

 

 他の相続人から何度も印鑑をもらわなくていい!

 

 署名書類に不備があると、書類を出し直したり、訂正印を押して書類を修正する必要があります。

相続人が自分一人だけの時は、自分一人が銀行に行って印鑑を押せばよいですが、相続人が複数いるときは、全員で窓口に行って、印鑑を押さなければなりません。相続人の皆様は、お仕事など普段の生活がある中で相続手続きをすることになりますので、銀行窓口が空いている平日9時から15時までで全員の時間を合わせていただくことは相当難しいと思います。

 当事務所に相続手続きをご依頼いただけば、書類の不備がないことを司法書士が確認し、押印は一度の機会にすべて済ませますので、何度も時間を合わせて実印を持って生きていただく必要はありません。

 

 

 細かい金額の調整もしなくていい !

 

 相続人3人で3等分する、とか、母が8割で子供は2割、とか、長男が株をすべて取得したから、遺産合計で半分ずつになるように預金で調整したい、というように預金を調整弁として分割案を考えていただくお客様が多いです。不動産や株式と違って、預金は1円単位で分割できますので、便利ですね。

 ただし、亡くなられた方が複数の銀行に、金額もバラバラにお金を残していたらどうしますか?

例えば、A銀行には200万円。B銀行には、1000万円。C銀行には400万円。D銀行には10万円。

自分たちで手続きを行うと、B銀行は長男が相続し、その他は次男が相続して、長男が多くもらい過ぎた分(195万円)は、長男から次男に送金して、なんて言う細かい手続きが必要になってしまいます。次男は手続きが終わったけど、長男がなかなか手続きをしてくれなくて、不足分の送金をしてくれない…なんていう心配も出てくるかもしれません。

 当事務所にご依頼いただくと、司法書士の預り金口座にすべての預金を預からせていただいて、それを1円単位で、相続人の皆様に分配いたしますので、細かい調整や分配についての心配もありません。

 

ワンポイントアドバイス

 口座凍結について

 

 よくあるご質問で、口座名義人が死亡すると、銀行が役所などから通知を受けて勝手に銀行口座を凍結するのですか?というものがあります。

 答えは、銀行が勝手に口座名義人が死亡したことを調べて口座を凍結させることはありません。役所などが個人情報(○○が死亡したという情報)を勝手に公開することはありませんし、東京では人が多くて銀行が、口座名義人が死亡したことを調べてくるということは難しいというのが理由だと思われます。

 ただし、地方では、地域の方が亡くなると、地域の新聞などに葬儀などお知らせが掲載されることもあるようで、その情報をもとに銀行が口座を凍結することもあるようです。

ですので、東京やその近辺にお住まいの方については、相続人や関係者から銀行に口座名義人が死亡したことを伝えることで口座が凍結されます。したがって、口座名義人が死亡したのちに、キャッシュカードを使用してお金を引き出すことは可能です。

 しかし、口座名義人が死亡すると、口座に残っている預金は相続人全員のものですので、本来は、相続手続きを経た後でないとお金を使うことはできません。よって、口座名義人が死亡したときは、できるだけ預金を引き出さずに口座を凍結させましょう

※ 直近の生活資金や葬儀費用については、場合によっては引き出しておいた方が良い場合もあるかと思います。具体的なことについては、事前にご相談いただけると的確なアドバイスができると思いますので、お気軽にご連絡ください。 

 

 

 戸籍について

 

 銀行口座の解約の手続きを行うとき、相続人が誰なのかを証明するために亡くなられた方の戸籍謄本等を提出します。そうなると、亡くなられた方のもっていた銀行の数だけ戸籍を取っておかないといけないのか?というと、そんなことはありません

 銀行には、戸籍の原本を提出しなければなりませんが、お願いすると窓口でコピーを取って、原本は返却してくれます。(コピーを取ってもらったりするので、窓口ではかなり待たされることにはなりますが…)戸籍は1通450円〜750円します。それを亡くなられた方の出生時に作成されたものまでさかのぼって取得すると、1セットそろえるのに数千円かかります。それを銀行の数だけそろえると、かなりの費用負担になるかと思われます。そんなことをしなくても、1セットの戸籍を使いまわせますので、銀行の窓口では原本を返してほしいとお伝えください。

 

 

 ネット銀行について 

 

 最近は手数料が安いのでネット銀行を使われている方が増えていますね。もちろんネット銀行でも相続手続きが必要になりますが、ネット銀行の場合は窓口がないことが多いです。

そのため相続手続きは郵送で行います

 まずは、電話番号をインターネットで調べて、相続手続き依頼書などの書類を取り寄せます。そして、戸籍謄本や遺産分割協議書を郵送して、解約・払戻を行います。

つまり、戸籍の原本等を郵送しなければならない。この場合も希望すれば戸籍等の原本は返却してもらえますが、郵送での返却になりますので、原本が戻ってくるのに少し時間がかかります。

戸籍原本が返ってくるまで何もできなくなりますので、手続きをする順番には気を付けていただければと思います。

 また、ネット銀行には通帳がありません。そのため、亡くなられた方がネット銀行に口座を持っていたかどうかわからないこともあります。その場合は、キャッシュカードや定期的に来る取引明細などの書類から口座をもっていたかを判断することになります。手続きのやり忘れがないように注意してください。

 

 

預貯金についてのお問い合わせはこちら

具体的な手続き、必要書類についてご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。預貯金、不動産、債権、債務等、相続についてのご不明点に簡単にご説明させていただく、1,000円コンサルも実施しております!


土日祝日対応!ご相談なら今すぐ

0422-29-9125


 

▲このページのトップに戻る