抵当権抹消登記

住宅ローンを組むときなど、大きいお金を借りるときは、土地や建物を担保にすることが多いと思います。その担保に入れるという手続きを「抵当権設定登記」といいます。

そして、この「抵当権設定登記」は、ローンの返済が終わっても自然に消えるものではありません。

したがって、ローンの返済が終わったら、法務局でこの抵当権を消す「抵当権抹消登記」という手続きが必要になります。この「抵当権抹消登記」を行わないと、せっかく住宅ローンが終わったのにもかかわらず、住宅ローンが残っているかのような状態を、公示し続けることになります。土地や建物の登記簿は、誰でも見ることができますので、あなたがローンを組んだという事実は誰でも知ることができるんです。

せっかくローンを返済したんですから、ローンが残っている状態ではなく、ローンの返済がもう終わっているという状態を公示したほうが、いいとは思いませんか?

抵当権抹消の流れ

  

書類のご用意(お客様ご自身でのご用意)

  

ローンを組んだ金融機関に行って、必要書類を受け取ります。

  

  •   登記済証もしくは登記識別情報
  •   「登記原因証明情報」もしくは「解除証書」というタイトルの書類
  •   金融機関からの委任状

 

  通常、金融機関からもらう書類は、上記の通りです。 

  ご不明点等ございましたら、お気軽に当事務所(0422-29-9125)までお問合せください!

 

 

お客様ご自身でお持ちのもの 

 

   お客様の身分証明書(免許証か保険証もしくはパスポート)

 

 

 

 

お問い合わせ

下記の電話番号もしくはメールアドレス宛にご連絡下さい。

「ホームページを見た旨」「抵当権を抹消したい旨」をお伝え頂けると助かります。

 

TEL  0422-29-9125

MAIL komatsu@office-kichinan.com

 

お電話でのお問い合わせの時は、その場で「登記済証」もしくは「登記識別情報」に書いてある内容をお伺いしますので、お手元に書類をご用意の上お電話ください。

 

 

 

 

お見積もり

費用を算出して、お電話かFAXもしくはメールにてご連絡致します。

通常ですと、お問い合わせ頂いた日かその翌日にはご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

委任状、ご請求書の送付

お客様に書いて頂く委任状、ご請求書、返信用レターパックを郵送します。

当事務所のご近所であれば、書類を受取りに行かせて頂きます。

吉祥寺近辺に用事があれば、直接事務所までいらして頂いてもかまいません。事務所に不在のこともありますので、いらっしゃるときは、あらかじめご連絡下さい。

 

 

 

 

費用のお振り込み

ご請求書記載の口座に、費用をお振り込みください。

 

 

 

書類のご返送

下記の書類を、お送りした返信用レターパックに入れてご返送ください。 

 

  •  金融機関から受け取った書類
  •  お客様にご署名いただいた委任状
  •  お客様の身分証明書(免許証か保険証もしくはパスポート) 

 

 

 

登記申請

当事務所にて、不動産所在地の法務局にオンラインで申請します。 

 

 

 

登記完了

通常登記申請から10日から2週間で登記が完了します。

 

 

 

完了書類等のご郵送

正しく抵当権抹消登記ができているかどうかを当事務所で確認してから、法務局から発行された「登記完了証」「登記事項証明書」などの書類をお返しします。

 

 

費用について

費用は、ほとんどの場合、2万円〜3万円で済むと思っていただければと思います。

詳しくは下記の通りとなります。

 

土地1筆、建物1棟だった場合

 

基本報酬 12,000円
登録免許税 2,000円
事前の登記簿閲覧 794円
登記事項証明書の取得 1,140円
郵送代 3,000円
消費税 750円
合計

19,684円

 

マンションだった場合(敷地となる土地1筆)

 

基本報酬 15,000円
登録免許税 2,000円
事前の登記簿閲覧 794円
登記事項証明書の取得 1,140円
郵送代 3,000円
消費税 900円
合計 22,834円

 

※基本報酬部分については、不動産の数などによって、増額いたしません

▲このページのトップに戻る