家系図作成をお考えなら

 

「自分のルーツを知りたい」

「自分の生きてきた証を遺したい」

そんな想いを抱かれる人かきっとたくさんいると思います。しかし、両親や親せきから聞いた話だけで家系図を作っていこうとしたら、すぐに限界が見えてきます。

こんな時に役に立つのが戸籍です。戸籍の保存期間は80年でしたから(平成22年の改正により保存期間は150年に変更されました)、今だとだいたい昭和の初期までの戸籍が市区町村には保存されています。この戸籍をもとに家系図を作成していけば、自分でもよく把握していなかった数世代前のご先祖様の情報のも、しっかり家系図の中に記録することができます。

数世代前のご先祖様の誕生日、結婚した日などといった日常的な記録を公の書類である戸籍が証明してくれるなんて、戸籍という制度がある日本だからこそできるすごいことです。これを機に、戸籍をもとにした家系図を作ってみませんか?

家系図作成サービスとは

 巻物2.jpg

 

家系図作成サービスは、簡単に言うと戸籍をもとにお客様の家系図を作成していくことです。

お客様の戸籍をもとに、ご先祖様の本籍地までさかのぼっていくことで、昭和初期の戸籍まで、運が良ければ明治初期の戸籍まで、調査することができます。保存期間が経過した戸籍も運よく取得することができると、江戸時代に生きていたご先祖様の記録まで見ることができます。

昔の戸籍の情報まで細かく分析し、戸籍に記載してある事項をお客様にご説明し、最終的には戸籍の内容を家系図にしていくこと。これが、家系図作成サービスです。

戸籍の保存期間〜家系図作成はお早めに!

戸籍の保存期間は、80年と定められていました。

しかし、長生きする人が多くなったことで、80年の保存期間では亡くなられたかたの出生から死亡までの戸籍を集めきれない状況が多くなり、平成22年6月1日に戸籍の保存期間が150年に変更されました。

しかし、平成22年以前は、戸籍は80年過ぎると廃棄されていましたから、80年以上経過した戸籍がすでに廃棄されてしまっていることは多いです。また、保存期間が150年にされても、当然150年を過ぎた戸籍は年々廃棄されていきます。

何が言いたいかというと、運よく廃棄されなかった80年以上前の戸籍も、すぐに廃棄の対象になってしまうということ。今から150年前というと1862年。明治になったのが1868年10月23日ですから、運良く残っていた明治初期の戸籍も、あと数年で廃棄されてしまうのです。

明治初期の戸籍には、江戸時代に生きていたご先祖様の記録も相当記載されていることが多いです。このご先祖様の記録、しかも戸籍という国が証明してくれている戸籍を、ただ廃棄させてしまうのは非常にもったいないです。この、ご先祖様の記録を守るのも、廃棄させてしまうのも、お客様次第です。戸籍の取得には一刻も早く着手することをおすすめします。

家系図作成費用

戸籍の取得、家系図の作成、戸籍記載事項の説明書作成

すべておまかせパック

200,000円
   
(税抜き)

※この他にも、戸籍のみの取得等個別のご依頼もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

※費用には、実費は含まれません。

 実費は、戸籍謄本450円、除籍謄本・改正原戸籍750円、その他郵送代などです。


土日祝日対応!ご相談なら今すぐ
0422-29-9125 

いつでも相談!おまかせ相続!
東京の吉祥寺南司法書士事務所


家系図作成までの流れ

 

お問い合わせ

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。初回面談の日程を決めさせていただきます。お問い合わせの際は、家系図作成の依頼の旨をお伝えください。

電 話 0422−29−9125
メール komatsu@office-kichinan.com

 

ご面談

ご来所いただくか、お客様のお宅にお伺いして、手続や費用のご説明をいたします。

最後に、戸籍を取得するための委任状およびご依頼書にご署名していただき、正式に受任いたします。

 

戸籍の取得、家系図の作成

取得できる戸籍の数にもよりますが、だいたい2カ月から3か月の期間がかかります。

定期的に進捗状況をお客様にご連絡いたします。

 

家系図および戸籍のおとどけ

お客様に家系図、戸籍、戸籍の説明書をお届けいたします。

お会いしてご説明しながらのお渡しが基本ですが、ご希望によってご郵送でお渡しすることも可能です。

▲このページのトップに戻る