株式・投資信託等の名義変更

 亡くなった方が、株式や投資信託、国債等をお持ちの場合、それらの財産についても相続手続きをする必要があります。株式などは、通常証券会社を通して購入されると思いますので、実際は、証券会社で相続手続きをしていくことになります。

 

 

手続きの手順

証券会社での手続きの手順をご説明いたします。

 

 証券会社に行き、死亡届の提出および相続届等の書類の受領

 

証券会社に行って口座名義人が死亡したことを伝えます。ここで証券口座が凍結されます。

 

 

 相続関係の調査

 

(ア)  死亡した方の相続人が誰なのかを戸籍謄本・除籍・改製原戸籍を読んで調査します。

(イ)  具体的には以下の戸籍が必要です。

  死亡した方の出生から死亡までの連続戸籍

  相続人の戸籍謄本

 

 

 証券口座の調査

 

亡くなられた方がどこの証券会社で何を運用していたかを調査します。

 

 

 遺産分割協議

 

上記1,2の調査結果をもとに、相続人全員で誰が何を相続するかを話し合い、その結果を遺産分割協議書にまとめます。

 

 

 証券会社で相続手続き

 

上記1〜3でそろえた書類を証券会社に提出し、相続手続きを行います。

具体的には下記の書類を提出することになります。

 

 死亡した方の戸籍謄本・除籍・改製原戸籍等

 相続人全員の戸籍謄本

 相続人全員の印鑑証明書

 死亡した方の通帳・キャッシュカード

 遺産分割協議書

 銀行指定の相続届等

 

 この手続きの際に、相続人が、手続きをする証券会社で証券口座を持っていなかった場合は、同時に相続人名義の証券口座を開設します。

 

 

 株式等の移管(完了)

 

 証券会社が書類を調査して、不備がなければ相続手続きが終了し、株式等の移管が行われます。

 

 

 売却したい場合

 

株式等を売却して現金で受け取りたい場合なども、一度相続人名義の証券口座に株式等を移管します。そして、自分名義になったうえで、売却等の注文を出すことになります。

 

 

ご依頼いただくメリット

株式・投資信託等の相続手続きも当事務所にご依頼いただけます。

当事務所にご依頼いただくメリットは、こちらのページをご覧ください。

 

ワンポイントアドバイス

相続のお手続きのポイントをご紹介いたします。

こちらのページをご覧ください。

▲このページのトップに戻る